大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


大垣共立銀行が通帳・カードが不要なATMを導入

投稿日時:2012/04/12(木) 02:10rss

 大垣共立銀行(本社、岐阜県)は、今年9月から全国で初めて(世界でも2番目らしいです)となるキャッシュカードや通帳なしでも現金を引き出せるATMを導入すると発表しました。手のひらの静脈を照合する生体認証技術を利用して、カードや通帳がなくても取引をすることができます。
 
東日本大震災の時には、通帳やカードを紛失してしまった方も多く、即座に必要資金を引き出せない事態が多く発生しました。そういう非常時にも自分の手のひらだけで出金ができますし、もちろん普段でも忘れてしまったというときには非常に便利です。
 
利用できるのは個人顧客で、生体情報(手のひら静脈)と利用口座(最大5口座)を登録、登録後は生体情報のほか、生年月日、キャッシュカードの暗証番号の入力により、預入、引出、残高照会が可能となります。
 
年中無休ATM、ドライブスルーATM、ポイント制サービス等、大垣共立銀行は、全国初の取り組みが多いことで有名です。第8回日経金融機関ランキングの顧客満足度で5位に入っていますし、他社の調査でも上位に入る評価を得ている銀行です。
 
 

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

銀行での融資経験や税理士事務所での法人担当経験を生かし、中小企業の経理部長となって銀行融資取引や、提携税理士と共に経理業務のサポートを行っています。

詳細へ

個人プロフィール

1971年7月1日東京都江戸川区生まれ。地方銀行や税理士事務所で働いてきましたが、今まで以上に中小企業の経理財務をサポートしていきたく起業しました。

詳細へ

<<  2019年11月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント一覧