大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


老舗のチカラ

投稿日時:2012/06/11(月) 10:56rss

東京都民銀行は6月1日、創業30年以上あるいは伝統工芸に関わる事業者向けの融資商品(老舗のチカラ)を発表しました。


東京にも伝統工芸というものがあるのはもちろん知っていましたが、東京都伝統工芸士会のHPを参照すると結構あるんですね。

東京都民銀行は地盤である東京にも伝統工芸に関わる企業が多く、伝統工芸を後世に残すためにも、それに関わる企業を支援したいことが目的です。


HPによると、対象は以下のいずれかに該当する法人及び個人事業主です。
①創業30年以上の事業者
長期的な視点を持ち、本業を重視した謙虚な経営により、数々の環境変化を乗り越え、現在まで継続し、長年顧客に選ばれ続けている事業者


②伝統工芸にかかわる事業者
全国伝統的工芸または東京の伝統工芸に認定されている事業者。製造工程の主要部分が手工業的であり、伝統的な技術又は技法により製造を行う事業者


③独自の技術力を評価されているものづくり企業(事業者)
高い品質を実現できる設計力や技術力を持ち、ISO取得や技術力に関する受賞等により、対外的にその技術力を評価されている、ものづくりを生業とする事業者


金額は300万円~5億円、期間は10年以内、担保必要に応じて、保証人は原則1名以上となります。


東京都ではなく千葉県の話ですが、2012年5月28日の千葉日報ネット版によると、昨年度から千葉県は伝統的工芸品のブランド化事業に取り組んでおり、新製品の開発に向け現状把握の為のアンケートが実施されました。


県指定伝統工芸品の生産者94人を対象に、昨年11月から12月の間、年齢や後継者の有無、生産量、売上などを尋ねる調査票を配布し、65人から回答を得ました。


それによると、
・年齢別では60歳以上が52人と約8割に上り、70歳以上も31人(48%)で、高齢化が浮き彫りとなった。
・49人(75%)は従業員を雇わず1人で生産し、後継者がいないと回答した生産者は35人(54%)と担い手不足も深刻。
・しかも約4割は年間売り上げが100万円未満。


このように厳しい状況に置かれていることがわかりましたが、東京にある伝統工芸も似たような状況でしょう。


伝統工芸を後世に残すためにも、東京都民銀行には積極的な支援をお願いしたいと思います。

トラックバック一覧

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
1c779dc5afc81ec8109eb1b92985d34c.png?1511380831
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

20141009bnr.jpg

会社概要

銀行での融資経験や税理士事務所での法人担当経験を生かし、中小企業の経理部長となって銀行融資取引や、提携税理士と共に経理業務のサポートを行っています。

詳細へ

個人プロフィール

1971年7月1日東京都江戸川区生まれ。地方銀行や税理士事務所で働いてきましたが、今まで以上に中小企業の経理財務をサポートしていきたく起業しました。

詳細へ

<<  2017年11月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメント一覧