大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


平成23年度も国税滞納は消費税が最も多い結果に

投稿日時:2012/08/10(金) 12:19rss

7月30日に国税庁から公表された「平成23年度租税滞納状況について」によると、平成23年度の新規に発生した税金滞納額は、6,073億円、そして消費税が3,220億円と最も多い結果でした。
201208101243_1-300x0.jpg
















また滞納残高でも、1兆3,617億円のうち消費税が4,169億円と、発生・滞納どちらも消費税が多い結果でした。

201208101243_2-300x0.jpg













国税庁HPより
 

現状の5%でも消費税を納めるのに苦労している中小企業が多いですから、予定通り消費税が8%や10%になったら、今後も滞納が一番多い結果になることが見込まれます。
 
消費税の納付がすぐには難しいと税務署に相談に行ったりすると、「消費税は顧客からの預り金なのだから早く納めろ」と税務署職員に言われたことがある方もいるかもしれません。税収が伸び悩んでいることから、税務署の対応も結構厳しいことがあります。
 
毎月発生する消費税を計算して、その分を積立預金等で管理するのが理想的です。消費税の額に満たない、あるいは途中で解約することになるかもしれなくても、少しでもいいから積み立てるようにしたほうが良いでしょう。そうは言っても、今は積立預金をするのが極めて難しい資金繰りの中小企業が多いかもしれませんが。
 
銀行には無いようですが、信用金庫や信用組合を中心に、消費税納税のための積立預金があります。足利小山信用金庫や館林信用金庫のように、積立金額が納税額よりも足りない場合は、融資の相談に応じてくれるところもあります。
 
以前にもブログかホームページでこのような内容を書きましたが、その頃に比べると消費税分を積み立てる目的の定期積立商品が増えたように思います。
 
参考にいくつかご紹介します。
・足利小山信用金庫 「納税専科」
http://www.ashikagaoyamashinkin.co.jp/hojin/azukeru/salestax.html
 
・館林信用金庫 「安心だ税」
http://www.shinkin.co.jp/tateshin/savings/reserve04.html
 
・東京東信用金庫 「おさむくん」
http://www.higashin.co.jp/product/deposit/nouzei.html
 
・会津信用金庫 「完納くん」
http://www.aizu-shinkin.jp/kojin/tameru000.html


 
 






トラックバック一覧

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
4386b3c181862624917faf566677d65b.png?1500741112
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

20141009bnr.jpg

会社概要

銀行での融資経験や税理士事務所での法人担当経験を生かし、中小企業の経理部長となって銀行融資取引や、提携税理士と共に経理業務のサポートを行っています。

詳細へ

個人プロフィール

1971年7月1日東京都江戸川区生まれ。地方銀行や税理士事務所で働いてきましたが、今まで以上に中小企業の経理財務をサポートしていきたく起業しました。

詳細へ

<<  2017年7月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメント一覧