大きくする 標準 小さくする


弘法寺の伏姫桜

投稿日時:2012/04/08(日) 15:17rss

千葉県市川市真間にある弘法寺(ぐほうじ)というお寺には、伏姫桜と呼ばれる枝垂れ桜があります。推定樹齢約400年と言われています。
ちょっと寄り道をして写真を撮ってきました。
















ちょうど見頃で、たくさんの人が来ていました。

ところで、弘法寺へ向かうには、長い石段を登って行かなければなりません。


















その途中に1つだけ他の石と違う色をした石があります。
















 
 近くから撮影すると色が違うのが分かると思います。
















 この石だけがなぜかずっと濡れ続けています。
江戸時代、作事奉行の鈴木長頼が日光東照宮造営に使う石材を伊豆から運ぶ途中で船が動かなくなり、船に積んでいた石を勝手に弘法寺の石段に使用し、幕府から責任を追及され、鈴木長頼は石段で涙ながらに切腹してしまいました。それ以来、そのところの石だけが涙で乾かずに常に濡れていることから、涙石と呼ばれるようになったそうです(本当かどうかは知りませんけど)。
 













トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

銀行での融資経験や税理士事務所での法人担当経験を生かし、中小企業の経理部長となって銀行融資取引や、提携税理士と共に経理業務のサポートを行っています。

詳細へ

個人プロフィール

1971年7月1日東京都江戸川区生まれ。地方銀行や税理士事務所で働いてきましたが、今まで以上に中小企業の経理財務をサポートしていきたく起業しました。

詳細へ

<<  2019年12月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメント一覧