大きくする 標準 小さくする


東京の18信用金庫でもATMによる信用金庫相互間での通帳記帳が可能になりました

投稿日時:2012/06/05(火) 15:33rss

平成24年6月3日から、東京都内の18信用金庫と、東北地方のすべての信用金庫(27信金)、北海道の17信金、東海地区の38信金との間で、ATMで相互に通帳記帳ができるようになりました。東日本大震災で被災した東北3県の信用金庫からの要望を受けたことが始まりとのことですが、これで全国271信金のうち100信金のATMで通帳の相互記帳が可能となります。


しかし、相互に通帳記帳は可能ですが、他の信用金庫のATMでは新通帳への繰り越しはできません。また、東京の規模の大きな信用金庫(城南、東京東、朝日等)は、独自のシステムを運営しているためこれには参加していません。


参加信用金庫の一覧は以下を参照してください。
http://www.komashin.co.jp/img_up/57619bfb1fa8a419d6471e8fc7b33dc8.pdf

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

銀行での融資経験や税理士事務所での法人担当経験を生かし、中小企業の経理部長となって銀行融資取引や、提携税理士と共に経理業務のサポートを行っています。

詳細へ

個人プロフィール

1971年7月1日東京都江戸川区生まれ。地方銀行や税理士事務所で働いてきましたが、今まで以上に中小企業の経理財務をサポートしていきたく起業しました。

詳細へ

<<  2020年9月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント一覧